ユーカーパック 査定

車を手放す際に高く売るには?ユーカーパック

車を手放す際に出来るだけ高く売るために、何社か見積もりをしてもらうという人も多いかと思いますが、ユーカーパックの査定なら最大5000社以上の買取店が参加するオークションなので、高い買取価格が見込めます。

 

車を手放す

 

車を買う場合、完全に乗り潰すよりも途中で下取りに出して、買い替えるケースは多く、車を乗り潰すつもりで購入しても、家族が増えたり、仕事の転勤などで生活環境が変わり、愛車を手放したりすることもあるでしょう。

 

 

そうした時に高く買取りしてくれるには乗り方が大事。もちろん、中古車の価格では、車種の人気の色というものがあり、これは絶対的です。(赤色の車より、白や黒i色など。)
そういう意味で一度購入したものを販売する際の再販価値であるリセールバリューの高い車種をあらかじめ購入しているかどうかも一つの判断基準になってくるでしょう。

 

 

軽自動車なら、自動車税や車検時の税金、任意保険等の有利な制度があるので、これがなくならない限りは、やはり人気による価格高騰は続くでしょうから、軽自動車は全体からみてリセール価格は高めに推移するかと思います。

 

 

ですが、それでも同じ車種で高くなる乗り方というものがあります。
例えば、オプション。中古車を購入するメリットは、値段が新車比べて安いことですよね。ただでオプションが付いていたりするお得感が嬉しかったりするという魅力も見逃せませんよね。

 

 

ですので、逆に考えた場合、新車で購入するなら、無料のオプションならなるべく付けてもらっておいたり、中古車で購入し、自分は使わないオプションを付いていたとしても、使わない間は取り外しおいて、売る場合は、再度取り付けて売るなども良いかもしれません。

 

走行距離も大きな加点、減点のポイントです。

当然ですが、走行距離が少なければ少ないほどいいのですが、おおよその目安としては1年で1万キロメートルです。
したがって、5年落ちの中古車なら、4万キロも走行距離は少なく、6万キロなら多いという感じです。
そして、もう一つの目安が走行距離が10万キロ。

 

 

これは、これまに車は10万キロで買い替えるというものとされていた名残かもしれませんが、いまだにこれは影響します。
その為。8万キロよりも9万キロのほうが10万キロに近いので、安くなる傾向があります。
車の買い替え、売ることを考えているなら走行距離が8万キロ以下のうちに手放すことを決断したほうがタイミング的にはいいかもしれませんね。

 

 

ちなみに、現在の車は走行距離が10万キロを越えていたからといって簡単には壊れません。これは軽自動車でも同じです。
タイミングベルトの交換やブッシュ類がヘタっているところは交換が必要になるかと思いますが、オイル交換などをきちんとやってきた車のエンジンはそう壊れるものではありません。

 

 

多くの場合、ラジエーターなどの冷却系やエアコン、電気系のの不具合などのエンジン以外の故障で買い換えています。

 

 

いずれにしても、車を手放す際に高く売るための考え方としては、オークションでも買取り業者に依頼するにしても、自分が買い手になったときに嬉しいことが、買取り価格があがる秘訣です。

 

 

page top